アムステルダムへの強い憧れがつのるばかりです。

私が今一番行きたいところが、オランダのアムステルダムなんです。

アムステルダムは、やっぱりどこか都会的だなぁって感じがするし、その反面、古代の雰囲気も残っていたりするんです。

まぁ、都会的ということは、逆に犯罪も結構多いそうですけどね。

それはどこの国でもあることだから仕方ないとして、アムステルダムには美術館も沢山あるし、日本の食材とかもたくさん手に入るみたいです。

テレビの世界紀行でやってたんですが、アムステルダムには日本人も結構住んでいるそうなんです。

日本から来た人もオランダで働くって選択肢も意識してもいいんじゃないかって、オランダ大使館の人も言っていました。

でも、アムステルダムのライデンは、学生が多い街なので、働くのには規模が小さすぎるのが悩みですね。

それに電車で何回も出かけないと、自分が本当に欲しいものが得られない感じがします。

この辺の事情は、他の大学があるところとは全然違うんでしょうね。

そういう事をいつも思いながら、アムステルダムへのあこがれをつのらせているわけですよ。

そのためには、もっと頑張って働いてお金をためて、若い内に憧れのアムステルダムに行かなくてはという使命感みたいなのが芽生えてきます。

別に日本が嫌いってわけじゃないんですよね。

だけど、自分がいるところはここじゃないって魂が叫んでいる気がするのです。

だから、きっと自分の前世はオランダ人でアムステルダムに済んでいた人なのかも知れません。

女性だから、ふわり サプリで美容や健康にも気をつけているけど、日々、アムステルダムへの強い憧れはつのるばかりです。

先日は、夢の中で早く割引チケットを買いにいかなきゃ!って寝言で叫んでいたと泊まりに来てた友人が言ってました。

もう、ほとんどアムステルダム病ですね。